top of page
チーム会議

​事例検討会

Case study

運動器作業療法研究会では,事例研究(仮説生成・検証)と

事例報告(仮説生成)を通じて運動器疾患の作業療法の

エビデンスの構築に活かすため4種類のコースで事例検討会を開催します.

 2023年度の募集開始:2023年度の募集は終了しました.多数のお申込みありがとうございました.

 2023年度の各コース申し込み資格:正会員の作業療法士(学生は除く)
​ 事例検討会参加資格:正会員(職種は問わない)

 注意事項(お申し込みの前にご確認ください)

 ● 事例検討会の開催は原則毎月第4水曜日の21:00〜22:00(発表者が3名の場合は22:30まで)とする

 ● 時間は一人当たり30分(発表10分,質疑応答15分,SMOTメンターによるフィードバック5分)とする

 ● 発表日が複数あるコースに申し込むときはどちらでも発表できることを前提に申し込みを行う

 ● 事例発表では,発表者が事例に同意を得ていることを条件とする

     同意の有無に関してSMOTはその責を負わないものとする

​ ● SMOTのメンターサポートがあるコースでは,プレゼンテーションや抄録などSMOTのテンプレートを使用する

 ● 論文執筆コースにおいては,メンターの判断により論文執筆が困難と判断された場合中止となる場合がある

   例:過去の事例をもとに申し込んだが評価指標が著しく不足している・評価と介入の整合性を図ることが難しい場合など

 ● SMOTメンターとの連絡はZoom or メール smot.info.0619○gmail.com (○を@に変更)を用いる

   件名は「事例検討会 氏名 メンター名」とする 

 ● 双方のトラブルを防ぐため,Zoomのミーティングとメールは発表終了時まで保存する

 ● SMOTメンターとの連絡は円滑に行うように心がける​

 ● 資料の配布とアーカイブ配信の有無,SNSでのテーマ・所属・氏名の広報の可否は発表者の個人の意思に委ねる

 ● SNSなどでSMOTに対する誹謗・中傷を発信した場合,事例発表の中止ならびに会員から除名される

 ● 上記記載内容について申込者(SMOTメンターあり制度利用者のみ)は誓約書を提出する

bottom of page